甘い味が好きな場合はデザート系のフレーバーを選ぶ

フレーバーの種類が豊富であるのがニコチンリキッドの魅力的なポイントです。例えば甘い風味が好きな人はデザート系のフレーバーを選択するのが良いと言えます。デザート系のフレーバーにはキャラメルやバニラといったフレーバーがあります。甘いもの好きの人や非喫煙者でニコチンリキッドに興味がある人には、おすすめのフレーバーでしょう。キャラメルやバニラは女性向けのようなイメージで好まないという方もいるかもしれません。そのような方にはクリームぜんざいや抹茶アイスといったフレーバーも用意されています。

甘い味は好きだけれど甘すぎるのは苦手といった方には、スイートポテトのフレーバーも良いでしょう。このようにデザート系のフレーバーの中にも選択肢が豊富にあるため、甘党は様々なデザート系フレーバーを試してみるという楽しみ方もできます。

爽やかな風味が好きな人はフルーツ系のフレーバー

ニコチンリキッドのフレーバーは甘いものばかりではありません。爽やかな味わいのあるフレーバーも存在します。例えばフルーツ系のフレーバーの中でも、レモンやグレープフルーツといった柑橘系のフレーバーは爽やかな風味を感じることができます。口の中をさっぱりさせたい方には、柑橘系のフレーバーが適しているでしょう。フルーツ系のフレーバーはフルーツ好きにもおすすめです。例えばストロベリーが好きな方はストロベリーフレーバーを探してみましょう。しかし、ストロベリーフレーバーのニコチンリキッドを出しているメーカーは多いため、どれが良いか悩んでしまう人もいるでしょう。

そのような場合は国内で生産されているニコチンリキッドを選ぶと良いと言えます。国内で生産されているニコチンリキッドは日本人の口に合うような配合を行っているため、自分の口にも合うケースが多いです。例で挙げたストロベリーフレーバーで言えば、国内生産のものと海外生産のものでは味が異なる場合があるので注意が必要だと言えます。

喫煙者はミント系がおすすめ

喫煙者はタバコの味に馴染みがあるため、デザート系のフレーバーやフルーツ系のフレーバーは口に合わないケースが多いでしょう。そんな方にはミント系のフレーバーがおすすめです。ミント系のフレーバーはタバコに近い風味を味わうことができます。そのため喫煙者でもニコチンリキッドのフレーバーを楽しみやすいと言えます。国内生産のミント系フレーバーは自然なミントの風味が強いですが、海外生産のミント系フレーバーはメンソールに近い風味になっています。日本人の口に合いやすいのは国内生産のものなので、まずは国内生産のミント系フレーバーを味わってみるのが良いでしょう。

ニコチンリキッドとは、電子タバコを吸う時に使用するニコチン入りの液体です。この液体をコイルで熱すると蒸気が発生する仕組みとなっています。略してニコリキと呼ばれます。